馬渕個別の特長

一人ひとり異なる個性
そして目標目的に合わせて
最適のプログラムを提供

前向きに、そして必然的に「やる気が出る」勉強スタイルと、学習相談(カウンセリング)を通じた、一人ひとりに最適の学習カリキュラムを提案しますので、無理なく無駄なく成績をアップすることができます。

一人ひとりの目標を
達成するプラン

ひと言で「学力をつける」「成績の向上」といっても方法は十人十色。どの分野からスタートすればよいのか、どのような教え方が合っているかなど、一人ひとりの生徒の特性・現状を十分把握し、無駄のない効果的な授業を実施していきます。復習をする生徒・予習をする生徒・英検の勉強をする生徒。学習内容はさまざまですが、生徒それぞれの個性・目的に合わせた完全個別指導だからこそ、本当の意味でのやる気と自信を引き起こします。

一人ひとりの目標を達成するプラン

一人ひとりのための
ホワイトボード授業

講師が1人に生徒が2人の「1:2授業スタイル」が中心です。ホワイトボードを使用したテーマ学習理解度チェックの演習を、交互に行いながら、効率的に授業を進めていきます。この際、「どうすれば、この問題が解けるのか」といった、生徒の自発的な学習意欲を促す指導を行います。自分専用の空間で、生徒のヤル気と集中力を持続させます。

一人ひとりのためのホワイトボード授業

人にわかりやすく伝えるには、『結理事結』(PREP)が有効であると言われています。このPREPという方式は、論理展開がストレートであるゆえにわかりやすいのです。実際に個別指導の授業を行う上でも、下記のようにPREPが展開されます。

Point
今回の授業の習得ポイント(単元)の提示
自分の言いたい結論や論点を述べる。
Reason
そのポイントの説明理由の指導(導入)
結論に至る理由・根拠を述べる。
Exercises(Example)
問題演習・確認の実施(実践による事例確認)
結論に結びつく事例を述べる。
Point
今回の授業のポイントの確認 (確認テストなど)
結論。論点を繰り返して強調する。

実際には、この「1.Point」の前に前回の復習である「0.前回の指導内容のチェックテスト」が入ります。

ご家族との密な連携

生徒が集中して学習するためには、ご家庭の協力が必要不可欠です。ご家族の愛情と協力があってこそ、生徒はその目標に向かって集中することができます。馬渕個別では、ご家庭との連携をリガール・ノート(連絡帳)を用いて密に行い、共に協力しあいながら生徒のやる気を目指していきます。

リガール・ノート(A4サイズ)は、毎回の授業報告だけでなく、チェックテスト結果や担当講師からレクチャーされたポイントなどがA4両面に記載されます。

リガール・ノート

指導者

馬渕個別の講師は、馬渕教室の卒業生で京都大学をはじめ大阪大学・神戸大学に通う学生はもちろん、履歴書・科目試験・面接など厳しい選考をクリアした社会人・大学生となっています。指導に際しては初期の研修5回を実施し、授業に臨んでいます。また生徒を担当してからも、年10回の研修を行っています。授業開始後に講師の変更をご希望の場合には、保護者の方より教室までご連絡ください。

指導者

生徒面談

年間指導の随所で、お子様を対象とした生徒面談も実施していきます。学習状況や進路相談から生活習慣まで生徒の抱えている悩みについて面談を行うことで問題の早期発見、解決につとめています。また、テストの間違い直しやノート・問題集の使い方といった勉強の方法や進学に向けたアドバイスを実施することで、生徒の学習への意欲を高めます。

生徒面談

様々なレベルの豊富なテキスト

個別(指導)というからには、もちろんテキストも様々なレベルのものを豊富に取り揃えています。すべてのお子さまに合うテキストなど存在しません。指導にこだわる馬渕教室の個別ですから、より一人ひとりの生徒にあった問題を授業内で用いるために取り揃えて、テキストの使用方法まで講師陣に徹底して研修を行って授業をいたします。

様々なレベルの豊富なテキスト

3色ボールペン

丸つけを色分けするのが馬渕個別の○つけ。正解・不正解を見るだけではなく、そこから復習やテスト勉強に役立つようにしています。

3色ボールペン

安全対策

教室内に部外者が入れないよう、全教室の玄関にオートロックを設置しています。また、「マブチセーフティーパス」(有料)に登録いただきますと、登塾時刻・退塾時刻を、保護者様にタイムリーにメール送信いたします。また授業開始時に登塾されていない場合は、生徒の安全面を最優先し、ご家庭に連絡します。

安全対策

自習室利用

授業での理解を実力として定着させるためには、同じテーマを繰り返し学習する時間が絶対に必要です。しかし、「家庭では集中できない」といった声もよくお伺いします。そこで、馬渕個別では、「個別ブースでの自習」を薦めています。学年を問わず、自習席に空きがある限り、開放しております。受験勉強はもちろん、定期テスト前の試験勉強などにも利用できます。

自習室利用