高校生

私立大学入試対策からセンター試験対策まで、
ベストなプランで目標実現へと導く。

高校生コースは、様々なニーズに
対応したカリキュラム
授業を行っております。

近年、入試スタイルが多様化しています。馬渕個別では、一人ひとりの志望校に合わせたカリキュラム作成を行っています。また、内部進学を目標としている場合は、学校の評定を意識したカリキュラムで指導を行います。他にも、予備校との併用コースや映像授業コース、小論文対策・英語検定対策なども実施しています。以下は、指導コースの一例です。

学校対応カリキュラム(英語)

指導方針

英文法
学校の授業進度に合わせて、適宜塾用テキストで補充しながら理解を深めます。
定期テスト前は、テスト対策授業の受講でさらに準備をしっかり行います。
英文解釈
学校での授業の理解を深めるために、教科書の本文の徹底理解を深めます。
定期テスト前には教科書に即したテスト対策を行います。
また、実力を高めるために塾用テキストを補充的に使用することもあります。
語彙
原則、学校使用のものを中心にチェックテストを用いながら語彙力をつけていきます。

私立大学(関関同立)受験対策コースカリキュラム(数学)

指導方針

  • 数学の難問に対応できるよう、発展的な解法パターンを習得できるような学習をしていきます。
  • 記述式の設問に対応できるように、順序を作成だてて論理的に解答できるように学習していきます。

国公立受験対策コースカリキュラム(英語)

指導方針

英文法
発展的な語法・熟語を理解するために、テキストを段階的にこなしてレベルアップを図ります。
体系的学習中心から、徐々に総括的演習中心の勉強に移っていきます。
並行して、センター形式の問題に慣れていくように問題演習を行います。
英文解釈・長文
国公立の英語問題の中心となる英文和訳の実力をつけるため、しっかりと学習して行きます。
並行して、センター形式の問題に慣れていくように問題演習を行います。
語彙
数多くの単語の意味を覚えるのみでなく、ひとつの単語の品詞・用法・第2義・第3義までも覚えられるように学習します。
英作文
直訳的な英文でなく、構文を使いこなして英文らしい文章を作成できるように学習します。

入室目的による指導プラン例

大学受験コース

対象高校1〜3年生

学校推薦
難関大学受験準備のための実力をつけていきます。学校内容だけではなく、ハイレベルな問題をこなしていきます。

対象高校2年生〜既卒生

関関同立対策
指定テキストで関関同立入試の基本的な内容を学習します。問題演習+解説を繰り返し、基礎の定着が完成後は過去問を使用して実践力をつけます。
産近甲龍対策
指定テキストで産近甲龍入試の基本的な内容を学習します。問題演習+解説を繰り返し、基礎の定着が完成後は過去問を使用して実践力をつけます。
センター対策
センター試験レベルまでを完成することを目標にします。問題演習を繰り返し、基礎学力をつけ、その後過去問で実践力をつけます。
入試基礎演習
大学入試に向けての弱点科目の基礎を時間をかけて徹底的に復習します。

内部進学・学校準拠コース

対象高校1〜3年生

実力強化
学校の進度を先取りしながら学習を進めます。基礎が理解できている場合でさらに深い理解力をつけたい方のプランです。
内部進学
内部進学にむけての学校の教科書と指定テキストで基本の定着をしていくプランです。定期テストを目標に授業を進めます。
学校準拠
学校の教科書と指定テキストで基本の定着をしていくプランです。定期テストを目標に授業を進めます。
基礎定着
教科の基本内容をしっかり復習します。説明と演習の繰り返しにより基礎学力を身につけます。
他塾併用
大学受験のために他塾に通塾されていて、その学習内容を定着させるプランです。他塾で使用しているテキストを使って授業を進めることもできます。

特別講座

対象高校1年生〜既卒生

高校生
ハイブリッド個別
(大学入試対策)
映像授業80分受講+映像受講した範囲の問題演習を1対2個別指導で行う高校生だけが受講できる講座! 映像授業はピンポイントで単元を選択できるため・・・
ねらいをしぼったスピード復習・スピード予習が可能になりクラブ活動で忙しい高校生に抜群の効果! 高校生限定でリーズナブルな受講費用となっております。詳しくは校舎まで!

対象高校3年生〜既卒生

過去問演習
実際の志望校の過去問を使用し演習・解説を実施します。見つかった弱点は本番まで通常授業で克服します。

※単位制高校在学生・高卒認定予定者も全コース受講可能です。

高校生編馬渕個別をはじめよう!

高校になって進度が速くなり授業が難しくなった。

「学校準拠プラン」で、学校の教科書・問題集を使用して学校内容をしっかりと理解できるように指導します。

ワンポイントアドバイス

5冊の問題集を1回ずつやるより、これはと決めた1冊の問題集を5回やるほうがはるかに力がつきます。まずは、学校の問題集を徹底的にやりきることを考えましょう。

大学受験のことはよくわからないけど、準備を始めたい。

大学受験のシステムは複雑です。わからないことは個別指導員が説明いたします。ただし、どの方向に進むかは自分で決めないといけません。自分でもいろいろ大学の情報を調べてみましょう。

ワンポイントアドバイス

希望進路が決まったら、その実現に向けて、相談しながら学習科目・内容・進度を決定し、学習を進めることができます。