看護医療系入試対策コース

受験科目、難易度に合わせたカリキュラム

馬渕個別の
看護医療系入試対策コース

馬渕個別のカリキュラムはここが違う!!

受験科目、難易度に合わせたカリキュラム

近年看護医療系の学部を設置している大学が増加傾向にあります。また、入試科目として選択できるパターンも多彩であることが特徴としてあげられます。更に取得できる資格についても大学によって異なるため、みなさんがイメージしている将来像から志望校を相談させていただいています。

このように看護医療系の進路を希望されているみなさんは非常に多くのことを考えなければなりません。馬渕個別では、希望される資格がどの大学で取得できるのか、また、その大学の受験科目は何かを瞬時にお答えいたします。志望大学と受験科目が決定しましたら、「いつまでに、どの教材を完了させるのか」を一覧できるカリキュラムを作成し、受講開始となります。

対同志社大学カリキュラム例(高1スタートじっくり型)

看護医療系合格に向けた馬渕個別のサポート体制

資格をふまえた
進路指導
一口に看護医療系といっても様々な資格があり、働きたいイメージによって微妙に進路が異なってきます。大学を卒業したが、目的の資格が取れなかった等にはならないよう進路指導を実施いたします。
最適な科目選定
入試科目について、英語こそ軸にはなっていますが、その他の選択科目にはある程度の自由度が見られます。学校のテストによる感覚だけでなく、実際に出題されている問題レベルを確認し、受験科目を選定いたします。
面接・小論文対策
医療看護系大学の多くは面接や小論文を受験科目として設定しています。内容が素晴らしいものであることはもちろん大切ですが、正しい対応、正しい書き方を守らなければ点数にはなりません。馬渕個別ではこれらの科目に関しても、ベースの力を築きあげるカリキュラムを用意しています。