玉井式
図形の極 プロフェッショナル

『図形の極プロフェッショナル』は、進級式になっており、10級から1級へ、そして、初段、2段、名人へと続きます。特に映像での説明を必要とする問題には音声付き動画を配信しておりますので、ぜひご活用ください。 なお、学年、年齢、また中学入試をする、しないに関わらず、どのレベルからお始め頂いてもかまいませんが、飛び級はせず、お始めになった級から順次進級していかれることをおすすめいたします。そして、ぜひ定期的に行われる進級検定試験を受検され、実力の定着を確認しながら、公式に頼らない『図形脳』を育んでいってください。

図形を得意にさせる「図形の極プロフェッショナル」とは

  • 玉井式「国語的算数教室」の姉妹テキストで、図形に特化した教材です。
  • 進級式(10級〜1級、初段、2段、名人)の小学生用無学年教材です。
  • 「イメージする力」の訓練で、公式に頼らない「図形脳」を養成します。

動くからわかる
映像教材

動くからわかる映像教材

立体をアニメーションで見ることで、直感的に図形を理解する「イメージング力」を育てます。楽しいキャラクターの美しい映像で、苦手意識を持たずに学習を続けることができます。

理解度に合わせた
級別テキスト

理解度に合わせた級別テキスト

学年単位ではなく、一人ひとりの理解度に合わせた教材です。無理なく実力を身につけられます。

クラウド版
学習システムを採用

クラウド版学習システム

「図形の極」テキストの(おうかんマーク)のついた問題は、クラウド対応。インターネットに接続された、iPad、パソコン、スマートフォンがあれば、どこででも気軽に美しいアニメーション映像の詳しい解説がご覧いただけます。※別途ご契約が必要です。

図形がわかれば「算数」は楽しい!

「図形」が苦手。だから「算数」は嫌い。 中学入試の学習で多くのお子様の悩みとなるのが、「算数」です。 なかでも、「図形分野」に対する苦手意識を持つ受験生はかなりの人数に上ります。『図形の極』では、級を基準にスモールステップで継続的に図形の学習を進めます。特に黒板やテキストでは理解しにくい立体図形、回転体、展開図など、映像による解説で子どもたちの理解を深めます。無理なく、「図形」を得意分野に変えていくことができます。

入試で差がつく『図形分野』

「入試の鉄則は、まず「正答率の高い問題を落とさない」ことで合格ラインを確保することです。その上で「正答率の低い問題」を得点することで最後の競い合いに勝利できます。算数では「正答率の低い問題」=「図形」です。『図形の極』は、この図形分野に特化した教材です。「図形」を克服し入試での「合格力」を高めます。

図形を極める分野 『図形の極』ならきっとわかる!

Ⓐ平面図形

Ⓐ平面図形

単調な反復学習におちいりがちな平面図形の学習も、映像があるのでモチベーションを高めます。

Ⓑ立体図形

動くからわかる映像教材

思わず「わかった!」と声が上る映像が数多く収録されています。形のイメージを自ら組み立てられるようになるまでくり返し見てください。

Ⓒ展開図

動くからわかる映像教材

開いたり、組み立てたり、途中で止めたり…さまざまな角度から展開図を学習できるのも、映像のすばらしさです。

Ⓓ角度

動くからわかる映像教材

「折り返し」や「時計の針」など、基礎的な形のイメージづくりを確立させ、段階を踏みながら、難解な角度の計算へとすすめます。

Ⓔ垂直と並行

動くからわかる映像教材

面と辺との垂直、平行関係も映像があれば、しっかり理解することができます。

Ⓕ比

動くからわかる映像教材

比を使うのは難しい?いいえ、楽しく反復練習しながらコツをつかみましょう。

Ⓖ動く図形

動くからわかる映像教材

複雑な立体も、美しい映像で見れば形をはっきりと認識できるので、体積や表面積を求める問題も「覚えて解く」のではなく、理解して解くことができるようになります。

学習の進め方

  • 級別テキストで段階的に学習
  • 立体アニメーションで「イメージング」
  • 分野別実力確認テストで苦手分野を確認。
    合格するまで復習します。
  • 進級検定テストにチャレンジ
  • 合格の喜びが次のステップへの自信に!

詳しくは各校舎までお問い合わせください。