玉井式 国語的算数教室

小学3年生までには、先生が話す言葉を中心に授業が進められますが、小学4年生頃からは文字や文章からイメージを描いたり、ものごとを理解することが求められていきます。
しかし、文章から具体的な状況やものをイメージしていくことは難しく、子どもたちは「本は読めるが、内容が分からない」・「算数の文章問題ができない」といった壁にぶつかります。この壁を無理なく乗り越えるためには、文字を読んで状況を「イメージする力」を養う必要があります。 そこで、「イメージする力」を育み、「読解力」「算数力」を高める「玉井式国語的算数教室」が誕生しました。
玉井式は、具体物を通してものごとを理解する低学年の子どもの特性を踏まえ、アニメの物語に算数の課題場面を設けて、解決方法を考えさせる、画期的な学習システムです。

「玉井式」の授業

アニメーション動画を見ながらプリントを進めていく授業形式

きほんのおはなし

新しい単元の導入です。ものがたりに登場するキャラクターが対話形式で分かりやすく説明します。

STEP1

ものがたり算数

ものがたりと算数が同時進行します。ストーリー形式の映像で、算数の考え方・解答の導き方を学びます。

STEP2

かたちの形

図形の展開・立体の切断面などアニメーションを見ることでスムーズにイメージができ理解度抜群です。

STEP3

えいごもこくご

ものがたり算数英語版。英語のきれいな発音を聞くことによって英語耳を育てます。

STEP4

詳しくは各校舎までお問い合わせください。