馬渕個別のシステム

一人ひとりの学びの特性を見きわめ、
学力を伸ばし、成績を上げていく。

1×1or1×2
しっかりと向き合うから
うまくいく。

馬渕個別では、講師1人に生徒2人の1×2の個別指導を基本設定としています。また、お子さまの状況、志望校、入室目的に合わせて、1×1(マンツーマンコース)での指導も行っています。

1対2 システム

交互にマンツーマンで指導

講師1人が2人の生徒を指導します。1対2とはいえ2人の生徒に同時に同内容の授業を実施するわけではありません。生徒個々のカリキュラムに基づき、1人の生徒が問題を解いている間にもう1人の生徒に解説を実施していきます。1回の授業の中で「演習」と「解説」を繰り返すことで効率よく学習を進めます。

1対1 システム

完全マンツーマンで指導

講師1人が生徒1人を指導します。授業中ずっと先生が見守ってくれていますので密度の濃い学習ができます。苦手科目の克服のために、分からない箇所が出てきたらそのつど基本事項まで戻ってじっくり学習したり、得意科目をもっと速く、あるいは深く学習するなど自分のペースに合わせて学習を進めます。

かゆい所に手が届くような指導だから個別指導(集団授業との差別化)

お子さま一人ひとりにあわせて指導できる個別教育では、一つ間違えると、生徒に迎合してしまい、成績が伸びないという結果に終わってしまうようなイメージがあります。馬渕個別の授業では、次のような対応を行っています。

そのお子さまの答えが
間違っている。
解き方を解説するだけではありません。どこで間違えたか、弱点と、どの時点まで遡って指導する[遡行学習(そこうがくしゅう)]必要があるかを判断し(学習系統図の活用)、ピンポイントで指導をいれていきます。大きく遡る必要がある場合は、講習会で指導します。
そのお子さまの答えが
正解の場合。
「なぜそうなるのか?」という発問を行い、本当に理解できているか、チェックします。例題・演習による機械的作業の延長で問題が解けているだけでは、実力がつかないからです。しっかりと解法のプロセスを定着させていきます。
そのお子さまが
わからない場合。
答えを教えるのではありません。「どうすれば気づくのか、何から取り掛かればいいのか」を発問により誘導していきます。そのなかで、お子さまは、「自分もできる」という小さな自信を積み上げていくことができます。

逆に、トコトンお子さまに付きっきりで至れり尽くせりというような自立学習の妨げとなるような指導もいたしません。解き方だけ聞いて、できたつもりにならないように指導いたします。

1回の授業の流れ(PREP指導法)

人にわかりやすく伝えるには、『結理事結』(PREP)が有効であると言われています。論理展開がストレートであるゆえにわかりやすいのです。馬渕個別ではこのPREPという方式を、導入しています。

  • 前回の復習・チェックテスト
    前回の授業が理解できているかどうかは、チェックテストで確認します。
Point
本日の授業目標設定・復習ポイント(単元)の提示
授業目標設定後、本日学習する内容のポイントや単元を提示します。
Reason
ポイント説明理由の指導(導入)
ポイントの理由を説明します。マンツーマンで、新出ポイント(単元)の導入を行います。
Exercises(Example)
問題演習・確認の実施
基本問題が解けたあとは、理解しているかを確認しながら類題から応用問題へと進んでいきます。
Point
授業ポイントの確認
授業の終わりに、本日の授業ポイントの再度確認(確認テスト等)を行います。
  • 授業の復習・宿題
    新出ポイント(単元)はその週のうちに必ず復習。何度も繰り返して身につけるために宿題が出されます。

安心のサポート体制

カリキュラム

馬渕個別は、一人ひとりに合わせた完全オーダーカリキュラムですので、授業科目も自由に選べ、分からないところから無理なく無駄なく学習することができます。また、一人ひとりの目標をよく確認した上で、学習内容や宿題の量、学習進度など細かく決定しますので、着実にステップアップできます。学年を遡るだけではなく、学年を超えた指導や、早い学年からの受験指導も可能です。

通塾曜日・時間を選べる

部活動や生徒会活動、その他の習い事などのご都合に合わせた時間割を決めることができます。時間割の変更ご要望をお聞きし、調整いたします。

進路指導

生徒の成績や希望進路、保護者の方のお考えをお伺いしたうえで、志望校の選定や受験に至るまでの一人ひとりを合格までサポートします。また「馬渕教室」との連携のもと、受験専門のプロスタッフが多くの合格実績に基づいて作成した入試分析資料と、適時実施する学習相談によって、一人ひとりきめ細かく学習や進路に関するアドバイスを行います。

リガールノート(連絡帳)

連続性のある効果的な指導を維持するために、毎回の授業状況・内容は講師より「リガールノート(連絡帳)」に記入しご報告致します。これを元に個別指導員と講師が打ち合わせを行い指導方法やカリキュラムの見直しをしていきます。

振替授業

学力向上・成績UPのためには、授業で理解した学習内容をその週のうちに繰り返し学習し定着させていく習慣を作る必要があります。そのためには、規則正しいリズムで通塾していただく必要があります。しかし、やむを得ず授業を欠席された場合には振替制度を実施しています。
※振替ルールにつきましてはお問い合わせ下さい。

季節講習会

長期休暇(春休み・夏休み・冬休み)を使っての講習会は実力を高めるための絶好の機会です。馬渕個別では、お子さまの学習状況を把握している担当講師が、遡って指導する必要がある内容、休み明けの実力テストの対策に必要な内容など、お子さまに必要な受講内容を、提案書にまとめてご報告します。前学期、あるいはもっと以前に学習した内容を確実に身につける復習、入試に備えた徹底演習と解説、次学期の先取りなど、長期休暇は学習内容が盛りだくさんとなります。その講習会は年間カリキュラムの都合上、全員受講とさせていただいています。もちろん、個別に受講可能な日程を聞き取り、個別の時間割を作成いたします。ですから、長期休暇中のご家庭の予定に合わせて受講できます。個別の講習会は、集団指導塾とは異なり、一人ひとり受講科目も異なれば、受講回数、時間割、費用も異なります。

テスト対策講座

定期テストなどの前には、通常授業に加えて追加で授業を受講することができます。普段受講していない科目でも追加受講できますので、テスト前の弱点補強にご利用いただけます。各種テスト対策授業のお申し込みは別途お申込用紙がございますので、ご利用の3日前までに所定の用紙にてお申込みください。

学力分析テスト(外部模試)

進路指導や遡行学習単元の確認のために外部模試を必須受験していただくようになっております。また、中学受験生には五ツ木駸々堂テスト、高校受験生には五ツ木テストの受験を必須としています。それぞれの必須回は別途校舎よりご案内いたします。馬渕教室中学受験コースの馬渕公開模試、馬渕教室高校受験コースの馬渕公開テスト等の受験もお薦めいたします。より効果的な進路指導が可能になります。
※馬渕教室の公開テスト(高校受験コース)・公開模試(中学受験コース)を受験される場合は、馬渕教室生料金で受験できます。

河合塾全統模試の実施(高校生)

高校生は、志望大学合格へと導くため、現時点での実力を測り、学習の修得度をチェックし弱点箇所を的確に把握するために必須受験としております。在籍高校で必須受験の場合は、在籍高校での申し込みとなります。なお、在籍高校で受験された場合は、結果をお持ちいただき、今後の学習および進路指導に活用します。

時間割

授業実施時間
A 10:40 〜 12:00 休校日
B 12:10 〜 13:30
14:10 〜 15:30
15:40 〜 17:00
17:10 〜 18:30
18:40 〜 20:00
20:10 〜 21:30

※通常授業は●印のみ開講。色の部分は講習会時のみ開講しています。
※原則として、日曜日は休校日となります。祝祭日は通常授業もあり。
※一部校舎では時間帯が異なります。